公開履歴
多様なカプセルと葉

経口避妊薬「ピル」は、海外で30年以上の歴史がある薬で、世界で約9000万人の女性に使用されている避妊方法です。
長い間避妊に使われている低用量ピルは、日本では法的に認められていませんでした。
しかし、1999年6月に日本でも承認され、9月から発売されました。

したがって、日本ではまだピルに関する知識が浅く、正しい理解が得られているとは言い難く、多くの誤解もあります。
女性にとって、妊娠・出産・避妊はとてもデリケートな問題です。
そして、自分の身体を守るのは、自分自身です。
ここでは、女性としての身体や避妊についての正しい知識をご紹介します。

ピルは、避妊を目的とした内服薬(飲む薬)で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)という2種類の女性ホルモンが含まれています。
低用量ピルの成分は、従来のピル(中~高用量ピル)の重篤な副作用を減らすため、ホルモン量を限りなく少なくしたものです。

ピルの作用とは、まず排卵を抑制します。
子宮内膜を変化させて、受精卵が着床しにくい状態にします。
また、子宮頸管粘液を変化させ、精子が子宮内に侵入しにくい状態にします。

またピルには、避妊効果が高いだけではなく、女性の身体に良い効果、いわゆる副効用という効果があることが知られています。
それらはまず、月経周期が規則正しくなります。
経血量の減少、それに伴う鉄欠乏症貧血の発生頻度が低下します。
他には、月経痛の程度が軽くなったり、子宮外妊娠の発生頻度が低下します。
長期間服用すると、良性乳房疾患・骨盤内炎症疾患・子宮内膜癌(子宮体癌)・卵巣癌の発生頻度が低下します。

また、頭痛や嘔吐、下痢といった副作用は、低用量ピルのホルモン量は、開発当時の高用量ピルの数分の一から数十分の一に減少したので、その分副作用も起こりにくくなっています。

記事一覧
ピルと併用禁止の薬とサプリメントや食べ物について 2019年11月07日

薬には、併用することでその作用を消しあってしまったり、副作用を強めてしまうなどで悪い影響が出てしまう組み合わせがあります。避妊目的だけではなく月経痛など女性の悩...

ピルを服用して腹痛や違和感が出た時の対処法 2019年09月08日

ピルは今現在多くの女性に愛用されている便利な薬です。多くの女性は避妊薬として利用していますが、それ以外の月経異常等の様々な身体の問題を解決する為に服用している女...

40代の更年期にピルは有効か 2019年08月22日

40代になると更年期の年代に入ることを不安に思う人は少なくありません。なぜなら更年期障害とは、ホルモンのバランスの変化により生理が不順なることから始まり、のぼせ...

避妊失敗率について 2019年10月08日

避妊法は昔からいろいろあったのですが、最近ではインターネットの環境が整ってきたきたこともあり実際にある避妊法を使っている人の実感のこもった体験談や、避妊法のリス...

「逆立ちすると妊娠する」は嘘? 2019年07月28日

「逆立ちすると妊娠する」という方法があると言われています。セックスをした後に逆立ちをすると、より多くの精子が膣の中に入っていくために、妊娠する可能性が上がると信...

ピルを飲んでるのに妊娠するケース 2019年07月09日

避妊をするためにピルを使う女性は昔から日本でも一定数存在しています。最近はピルを使った避妊方法を雑誌やテレビで特集されることも多くなったことで、子供をまだ必要と...

ピルを飲むと生理は来るけど妊娠しないワケ 2019年06月28日

ピルという薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二種類の女性ホルモンからなる経口避妊薬です。この二種類のホルモンはもともと女性の体内で作られるホルモンで同時に出て...