• ホーム
  • ピルを服用して腹痛や違和感が出た時の対処法

ピルを服用して腹痛や違和感が出た時の対処法

ピルは今現在多くの女性に愛用されている便利な薬です。
多くの女性は避妊薬として利用していますが、それ以外の月経異常等の様々な身体の問題を解決する為に服用している女性も沢山います。
そして親しい女性同士の間でよく効くピルについての情報交換が行われていたり、とにかく現代の日本では女性の間でのピルの認知度は非常に高いものとなっているのです。

しかし避妊等の様々な女性にとって嬉しい効果をもたらすピルですが、服用を続けていくことで違和感を感じてしまったり、腹痛が起きてしまう場合もあります。
これらの違和感も腹痛も多くは服用したことによる副作用として出ているものですが、そのほとんどがそれ程重篤な副作用ではなく、ちょっと横になって休んでいれば治るような比較的軽いものばかりです。
しかし稀に本当にかなりきつい違和感を感じてしまったり、立ってはいられない程の腹痛の症状に襲われることもあります。

特に腹痛については生理痛と似ていてかなり辛く激しい痛みが出てしまう女性もいますので、あまりにも辛いと思ったならばまずは服用を中止すると良いでしょう。
しかし避妊をする為等どうしても服用を中止出来ない事情を抱えた女性も沢山いることでしょう。
そのような場合はいくら副作用が出ているからといって、勝手な素人判断で服用を止めてしまうのは良くないこともあります。
なのでピルを処方してくれた病院やクリニック等の医師の元に行き、事情を話してどうすれば良いのか指示を仰ぐようにすると安心です。
そういった意味もあるので、ピルは特に服用に慣れない間はネット通販で購入するよりも、病院やクリニック等に行って医師の診察を受けた上で直接処方してもらった方が良いと言えるのです。